JPOPしか聴いてこなかったロック初心者が、バンドの歴史を勉強しCDレビューし、ロック好きの友達を見返すまでの道のり。

J-POP厨がロック・パンク・テクノ聴いて見返す

レビュー レビュー>ロック

111枚目 「The Colour and the Shape」(1997) Foo Fighters

更新日:

Colour and the Shape
1. Doll
2. Monkey Wrench
3. Hey, Johnny Park!
4. My Poor Brain
5. Wind Up
6. Up in Arms
7. My Hero
8. See You
9. Enough Space
10. February Stars
11. Everlong
12. Walking After You
13. New Way Home

スポンサードリンク

レビュー・感想

今回はフーファイターズさんです。

何を隠そうニルヴァーナのドラムである

デイヴ・グロールさんが自らボーカルギターを務めるバンドであります。

ドラムからボーカルに転身!?

やっぱりモテたかったのか!

カートコバーンの背中をいつも睨みながらドラム叩いてたのか!

素人の自分は聴くまでそんな風に思っていました。

確かにキーパーでは鉄壁やった。

けど急にシュート決めてモテたいだけの人が

本当にFWなんて出来るんですかね~?

と嫌味たらしい事言う人もいるでしょう。

しかし蓋を開けてみると、

そんな嫌らしい圧力に屈せず、板につきまくってるからびっくりです。

デイブさんは音楽的センスが凄く高いお方なんだと思います。

ニルバーナの様なドラミングは健在ですし、

楽器陣1発1発の音も強く激しくて◎です。

こんなにハイパワーな音楽初めて聴きました。

調べた所によると、

やはりドラムもデイブさんが叩いてる箇所が多いみたいです。

あと単純にしゃがれたシャウトがカッコよく、

静かな曲でも味のある声を出され、

元々ボーカル向きなんじゃないの?とさえ思います。

なにより楽曲がパワフルなのに聴きやすい。

特に奇をてらったような曲はないと思います。

でも奇なんててらわなくても、こんなにカッコいい音鳴らせるんだ

と教えてくれるようなアルバムでした。

 

やはりニルヴァーナはカートだけのバンドじゃない!

と再認識させてくれる意味でも素晴らしい

これぞ正真正銘、ストレートなロックアルバムだと思いました。

そんな事より今日はクリスマスイブ。

イブに10年以上前の作品を、

昨日発売されたかのように書いて何してるんでしょうか。

 

自分との相性
★★★★★★★★☆☆ 80
ロック初心者へのオススメ度
★★★★★★★☆☆☆ 70


スポンサードリンク



スポンサードリンク


-レビュー, レビュー>ロック
-

Copyright© J-POP厨がロック・パンク・テクノ聴いて見返す , 2018 All Rights Reserved.