JPOPしか聴いてこなかったロック初心者が、バンドの歴史を勉強しCDレビューし、ロック好きの友達を見返すまでの道のり。

J-POP厨がロック・パンク・テクノ聴いて見返す

レビュー レビュー>パンク

34枚目「Damned Damned Damned」(1977) The Damned

Damned Damned Damned
1.Neat Neat Neat
2.Fan Club
3.I Fall
4.Born to Kill
5.Stab Your Back
6.Feel the Pain
7.New Rose
8.Fish
9.See Her Tonite
10.1 of the 2
11.So Messed Up
12.I Feel Alright

レビュー・感想

ダムドのファーストです。

日本語版タイトルが「地獄に堕ちた野郎ども」と書いてあったので即借りしました。

ジャケは地獄に堕ちた人の体なんですかね?

2013年に見るとちょけた大学生みたいです。

ピストルズ、クラッシュと並んでロンドン3大パンクと呼ばれてるそうで、

ピストルズの前座をやっていたそうです。

勢いや熱量を押したストレートなパンクだなと感じました。

多分当時はストレートではなく、斬新だったんだと思いますが。

1曲目のneat neat neatや9曲目のshe her toniteなどパンクの原点ともいえる

カッコ良さです。

この時代のパンクって今のパンクに比べて実はそんなにスピードがないというか

むしろ遅めの曲だと思うんですが、何故だか現代のよりノレますね。

曲に時代背景や熱量が混ざって伝わってくるんですかね。

でも2013年に聴くにはストレートすぎて、自分は後半少し疲れてしまいました。

当時聴いてたら確実に名盤でしょうし、パンクバンドに与えた影響はでかいと思うので

その辺加味して良い作品だと思います。

 

自分との相性
★★★★★★★☆☆☆  70
パンク初心者へのオススメ度
★★★★★★☆☆☆☆  60



-レビュー, レビュー>パンク
-,

Copyright© J-POP厨がロック・パンク・テクノ聴いて見返す , 2019 All Rights Reserved.