特集

SNOOZERとRolling Stone誌を足した真の邦楽名盤ランキング

今回は新たなに聴くCD候補を選出すべく、『雑誌SNOOZERが選ぶ名盤BEST50』というデータを拾ってきました。

以下引用です。

1「楽しい夕に」RCサクセション
2「ローザ・ルクセンブルグII」ローザ・ルクセンブルグ
3「空中キャンプ」フィッシュマンズ
4「ライブ」村八分
5「太陽」中村一義
6「SUPER ARE」ボアダムス
7「早熟」岡村靖幸
8「ぷりぷり」ローザ・ルクセンブルグ
9「ファンタズマ」コーネリアス
10「エレクトロ・アジール・バップ」ソウル・フラワー・ユニオン
11「南蛮渡来」暗黒大陸じゃがたら
12「軋轢」フリクション
13「WILD FUNCY ALLIANCE」スチャダラパー
14「ひまつぶし」山口冨士夫
15「’77 LIVE」裸のラリーズ
16「ヴィジターズ」佐野元春
17「パースペクティヴ」P-MODEL
18「シングルマン」RCサクセション
19「ギヤ・ブルーズ」ミッシェル・ガン・エレファント
20「ザ・ブルーハーツ」ザ・ブルーハーツ
21「メシ喰うな」INU
22「名前をつけてやる」スピッツ
23「海賊版:LIVE FIGHTNG 80’S」ダウン・タウン・ファイティング・ブギヴギ・バンド
24「氷の世界」井上陽水
25「ひこうき雲」荒井由美
26「東京ワッショイ」遠藤賢司
27「ワルツを踊れ Tanz Walzer」くるり
28「犬は吠えるがキャラバンは進む」小沢健二
29「911FANTASIA」七尾旅人
30「JUMP UP」スーパーカー
31「雨に撃たえば…! disc2」七尾旅人
32「風街ろまん」はっぴいえんど
33「浮世の夢」エレファントカシマシ
34「STILLING STILL DREAMING」ザ・ブルーハーブ
35「Phew」Phew
36「LIVE」曽我部恵一BAND
37「SAPPUKEI」ナンバーガール
38「オレンジ」電気グルーヴ
39「SPACY」山下達郎
40「サニーデイ・サービス」サニーデイ・サービス
41「空洞です」ゆらゆら帝国
42「ひらく夢などあるじゃなし」三上寛
43「生聞58分」憂歌団
44「Jr.」TOKYO No.1 SOUL SET
45「金字塔」中村一義
46「BLIND MOON」SAKANA
47「グレイテストヒッツ・VOL.1」ザ・ピーズ
48「ザ・タイマーズ」ザ・タイマーズ
49「TEAM ROCK」くるり
50「玉姫様」戸川純

 真の邦楽ランキング

おお…知らないバンドがたくさん。

ただ『コーネリアス』『ミッシェル』『ブルーハーツ』『くるり』のアルバムは当ブログで一度レビューしています。

また『フィッシュマンズ』『INU』『スーパーカー』『ボアダムス』『ナンバーガール』『戸川純』『ゆらゆら帝国』のアルバムも、UPはしていませんが、すでに聴いています。

『村八分』『中村一義』も他のアルバムは聴いています。

バンドと言えば『Baby Blossom』しか知らなかった自分が、これだけ分かるバンドが増えているのは感慨深いものですね。

 

ちなみにSNOOZERの他に有名な雑誌として、『ローリングストーン誌』があり、こちらも名盤TOP50を過去に発表しています。

1位なら50点、50位なら1点とし、スヌーザーとローリングストーンを足してみました。

 

順位 アルバム アーティスト 点数
1 空中キャンプ フィッシュマンズ 91点
2 ファンタズマ コーネリアス 83点
3 ザ・ブルーハーツ ザ・ブルーハーツ 79点
4 ライブ 村八分 78点
5 風景ろまん はっぴぃえんど 69点
6 南蛮渡来 暗黒大陸じゃがたら 69点
7 軋轢 フリクション 69点
8 ひこうき雲 荒井由実 65点
9 SPACY 山下達郎 59点
10 メシ喰うな INU 58点
11 ラプソディ RCサクセション 49点
12 ローザ・ルクセンブルグⅡ ローザ・ルクセンブルグ 49点
13 Solid State Survivor YMO 47点
14 太陽 中村一義 46点
15 ゴールドラッシュ 矢沢永吉 46点
16 喜納昌吉&チャンプルーズ 喜納昌吉&チャンプルーズ 45点
17 早熟 岡村靖幸 44点
18 A LONG VACATION 大瀧詠一 44点
19 ぷりぷり ローザ・ルクセンブルグ 43点
20 黒船 サディスティック・ミカ・バンド 42点

という結果になりました。

まぁこんなの合計6人くらいが決めた名盤にすぎないですし、データも少し古いのですが。

 

という事で、この超名盤をいくつか聴いてみようと思います。

レビュー溜まってるので結構先になると思いますが。

その内洋楽もやります。

自分の名盤BEST50作りたいんですが、今作ると聴いた半分名盤になるのでかなり先になりそうです。

-特集

© 2021 J-POP厨がロック・パンク・テクノ聴いて見返す