JPOPしか聴いてこなかったロック初心者が、バンドの歴史を勉強しCDレビューし、ロック好きの友達を見返すまでの道のり。

J-POP厨がロック・パンク・テクノ聴いて見返す

レビュー レビュー>邦ロック

62枚目 「THE WORLD IS MINE」(2002) くるり 

更新日:

THE WORLD IS MINE
1. GUILTY
2. 静かの海
3. GO BACK TO CHINA
4. WORLD’S END SUPERNOVA(Mix{Matuli})
5. BUTTERSAND/PIANORGAN(インストゥルメンタル)
6. アマデウス
7. ARMY
8. MIND THE GAP
9. 水中モーター
10. 男の子と女の子
11. THANK YOU MY GIRL
12. 砂の星
13. PEARL RIVER

スポンサードリンク

レビュー・感想

くるり第2段の感想です。

いやー今回も外しませんでした。

岸田さんはやはり凄いですね。

ロックといっても今回は岸田さんがエレクトロや民族音楽に傾倒してる頃に

作られたアルバムらしく、エレクトロ要素が強いです。

このアルバム良い!ってのにも2種類あって、

全体的に良い曲だなー捨て曲ないなーってパターンと、

このアルバム衝撃的!ってパターンに分かれると思うのですが、

このアルバムは間違いなく後者ですね。

全てにおいて音使いが衝撃。

音、よりよく伝える手段が前作TEAM ROCKより更にパワーアップしてます。

他の方のレビューでも見かけましたが、

水の奥へ奥へ進んでるような心地良さがあり、

癒しソングとしても素晴らしいと思います。

ただ、この手のアルバムは大体そうかと思いますが、

バッキバッキのロックが好きな方には合わないかもしれません。

名盤です。

 

自分との相性
★★★★★★★★★☆ 90
ロック初心者へのオススメ度
★★★★★★☆☆☆☆ 60


スポンサードリンク



スポンサードリンク


-レビュー, レビュー>邦ロック
-

Copyright© J-POP厨がロック・パンク・テクノ聴いて見返す , 2018 All Rights Reserved.