JPOPしか聴いてこなかったロック初心者が、バンドの歴史を勉強しCDレビューし、ロック好きの友達を見返すまでの道のり。

J-POP厨がロック・パンク・テクノ聴いて見返す

レビュー レビュー>邦ロック

135枚目 「ONE SHOT WONDER」(2013) KEYTALK

更新日:


1. UNITY
2. B型
3. fiction escape
4. 祭りこぞう
5. S.H.S.S.
6. ブザービーター
7. 茜色
8. Spring Sparkle
9. フォーマルハウト
10. happy end pop
11. summer tail
12. 見上げた空に

スポンサードリンク

レビュー・感想

今回はキートークさんです♪

今キートークさん聴きながらノッリノリで書いています。

先に結論を書いてしまうと特別好みという訳ではなかったのですが、

引っ掛かるものがありノッリノリです。

2013年までに人気のある、売れている邦ロックは、

○○流・△△流、等

すでに売れて結果が出てる日本のバンドの流れを汲んでいる事が比較的多いなと、

生意気くそ素人ながら感じてたんですが、

このバンドはパッと聴いて人気出そうだし売れそうなのに、

それらと曲調が少し違うカッコ良さを持ってる気がしました。

もしかしたら今後こういった雰囲気の曲が売れる邦楽ロックの主流になっていく

そのスタンダードを確立する可能性を持ったバンドなんじゃないのかと思い、

凄くワクワクしました。

新しい音楽という訳ではないですし、全然違う事をやってるとかでもないんです。

今までの売れるロックが飽和状態で頭打ちしてきた中、

それを取り込みつつ次に進む一つの答えみたいな感じですかね?

最初に書いた通り、

自分がどうかでいうと少し好みとは違うんですが、

でもどの曲を聴いても楽しく明るくなれて、

フェスなんかで見た日には大盛り上がり間違いなしだと思います。

実は2007年から活動してるバンドらしく、

ライブで地道に活動していたのが曲からよーく伺えます。

ライブ映えする曲が本当多いんです。

M3とかフェス会場で女の子がタオル振ったり全員で合の手する絵まで浮かびますし、

その女の子がまた可愛いんです。

アルバムの感想というより、バンドの感想になってしまいましたが、

しいてどういう音楽かというなら、バンアパをなぞりながら渋さを極力取り除いて

ポップに楽しく仕上げた感じかもしれません。

この曲が凄く気に入った!というよりはアルバムを通して聴いて楽しめました。

 

自分との相性
★★★★★★☆☆☆☆ 60
ロック初心者へのおすすめ度
★★★★★★★☆☆☆ 75


スポンサードリンク



スポンサードリンク


-レビュー, レビュー>邦ロック
-

Copyright© J-POP厨がロック・パンク・テクノ聴いて見返す , 2018 All Rights Reserved.