JPOPしか聴いてこなかったロック初心者が、バンドの歴史を勉強しCDレビューし、ロック好きの友達を見返すまでの道のり。

J-POP厨がロック・パンク・テクノ聴いて見返す

レビュー レビュー>邦ロック

86枚目 「MAN WITH A MISSION」(2011) MAN WITH A MISSION

更新日:

MAN WITH A MISSION
1.DANCE EVERYBODY
2.FLY AGAIN
3.SCENT OF YESTERDAY
4.NEVER F××KIN' MIND THE RULES
5.RAIN OF JULY
6.HASTA LA VISTA
7.TRIUMPH OF THE DAY
8.NOTHING'S GONNA CHANGE MY WAY
9.DON'T LOSE YOURSELF
10.WHITE WORLD

スポンサードリンク

レビュー・感想

今回はマンウィズアミッションさんです。

「頭はオオカミ、体は人間、究極の生命体」

というキャッチコピーを知り

何をちょけてるんだと思ったのですが、

ジャケットを手に取ったら本当に究極の生命体でした。

自分が間違ってましたすいません。

で、マンウィズアミッションさんなのですが、

究極の生命体の割に

最近のロキノンぽい音楽をうまく取り入れていました(笑)

ミクスチャーぽいというか、

ラウドな音やボーカルエフェクトが特徴的で

ノリの良い曲がたくさん込められたアルバムなので、

耳障りがとても良いと感じました。

あと演奏のブレイクというのか、

一音一音のキメの部分が他のバンドより

カッコ良かったです。

この辺は演奏力があるからなんでしょうか。

ただ、英語の発音があまりよろしくない(笑)

音楽的に英語の方が合うのは分かりますが、

日本語で歌った方がいいんじゃないかなと思います。

海外でCD出したら究極の生命体どころかアグネスチャン呼ばわりされそうです。

あと、これだー!これがThis Is MAN WITH A MISSION!

という曲が少ないように感じました。

大体どの曲も最初はカッケー!と思うのですが、

そこから自分は尻すぼみしてしまいました。

演奏の疾走感があったと思えば、

キャッチーな曲、ダンスロックな曲もあり、

要素は色々あるアルバムなので、

聴いてて楽しかったです。

 

自分との相性
★★★★★☆☆☆☆☆ 50
ロック初心者へのオススメ度
★★★★★★★☆☆☆ 70


スポンサードリンク



スポンサードリンク


-レビュー, レビュー>邦ロック
-

Copyright© J-POP厨がロック・パンク・テクノ聴いて見返す , 2018 All Rights Reserved.