JPOPしか聴いてこなかったロック初心者が、バンドの歴史を勉強しCDレビューし、ロック好きの友達を見返すまでの道のり。

J-POP厨がロック・パンク・テクノ聴いて見返す

レビュー レビュー>邦エクスペリメンタル

72枚目 「Fantasma」(1997) CORNELIUS

更新日:

Fantasma
1. MIC CHECK
2. THE MICRO DISNEYCAL WORLD TOUR
3. NEW MUSIC MACHINE
4. CLASH
5. COUNT FIVE OR SIX
6. MONKEY
7. STAR FRUITS SURF RIDER
8. CHAPTER 8 ~Seashore and Horizon~
9. FREE FALL
10. 2010
11. GOD ONLY KNOWS
12. THANK YOU FOR THE MUSIC
13. FANTASMA

スポンサードリンク

レビュー・感想

今回はコーネリアスのゴミ野郎です。

邦エクスペリメンタルという訳の分からないジャンルですが、

日本語でいう所の実験音楽というジャンルに分類されるそうです。

1曲目から痺れました!(もはや持ちギャグにしようと思います…)

電子と歪んだギターの融合が素晴らしく、

スーパーカーの時も書いたと思いますが、

ロックと電子が相性良いのを再確認しました。

色んな音楽をごちゃ混ぜにしてるのですが、

それが見事で、実験音楽というなら実験成功だと思います。

電子系ではレディへやスーパーカー等は何処か暗い曲が多いですが、

コーネリアスのとんちきひょうろく玉野郎の場合は、

明るくさわやかな曲が多いので、

きっと場所時間を選ばず、いつでも楽しませてくれるアルバムだと思います。

ただ!

聴く前に調べてて読んでしまったのですが、

コーネリアスの少年A野郎は人間的には好きじゃないという事が分かりました(笑)

まぁ有名な話みたいですし、

本当の意味での真相は分からないのと

実は嘘でなにか全く違う意図があるかもしれないので

詳細は差し控えます。

とにかくアルバムは間違いなく名盤です。

 

自分との相性
★★★★★★★★★☆ 90
エクスペリメンタル初心者へのオススメ度
★★★★★★★★★☆ 90


スポンサードリンク



スポンサードリンク


-レビュー, レビュー>邦エクスペリメンタル
-

Copyright© J-POP厨がロック・パンク・テクノ聴いて見返す , 2018 All Rights Reserved.