JPOPしか聴いてこなかったロック初心者が、バンドの歴史を勉強しCDレビューし、ロック好きの友達を見返すまでの道のり。

J-POP厨がロック・パンク・テクノ聴いて見返す

レビュー レビュー>エレクトロ レビュー>エレクトロニカ

15枚目 「Uphill City」(2008) I Am Robot and Proud

更新日:

Uphill City
1.Something to Write Home About
2.Uphill City
3.Making a Case for Magic
4.Melt, The
5.401 Circuit
6.Island Life
7.Storm of the Century
8.Risk, The
9.Song for Two Wheels
10.Train Station Lullaby

スポンサードリンク

レビュー・感想

カナダ出身のエレクトロニカを中心に楽曲を作ってるミュージシャンだそうです。

また歌なしかー

俺の声はそうやすやすと聴かせません。か?

お高く止まるわー。

と少々がっかりしてたのですが、

聴いてみるとエイフェックスツイン同様、素晴らしかったです(笑)

エレクトロニカってロックやパンクに比べて音だけで

感情の起伏や起承転結をつけないといけないので、

一音一音のこだわりが凄いと思います。

その中でもアイアムロボットアンドプラウドは綺麗な音での起伏が多いです。

一人で森の中とか湖の周りでずっと聴いていたい感じですね。

時々テレビさえ見たくない、漫画も読みたくない、音楽さえ聴きたくない瞬間って

あると思いますが、このアルバムはそんな時でも流しておけます。

自分はJ-POP大好きなので認めたくはないですが、

これはJ-POPには絶対ない良さかもしれません…。

 

自分との相性
★★★★★★★★★☆ 90
エレクトロニカ初心者へのオススメ度
★★★★★★★★★☆ 90


スポンサードリンク



スポンサードリンク


-レビュー, レビュー>エレクトロ, レビュー>エレクトロニカ
-,

Copyright© J-POP厨がロック・パンク・テクノ聴いて見返す , 2018 All Rights Reserved.