J-POP厨がロック・パンク・テクノ聴いて見返す

JPOPしか聴いてこなかったロック初心者が、バンドの歴史を勉強しCDレビューし、ロック好きの友達を見返すまでの道のり。

*

141枚目 「はじめての爆弾ジョニー」(2014) 爆弾ジョニー

      2014/08/29


1. Intro
2. なあ~んにも
3. おかしな2人
4. 男の子
5. 真夜中の×××
6. ダイナマイトラヴ
7. へんしん
8. キミハキミドリ
9. 青空ベイビー
10. イミナシ!
11. うたかたの日々
12. 賛歌
13. かなしみのない場所へ
14. ギャルがゲル暮らし ~遊牧民~ (ボーナストラック)

レビュー・感想

久々ほぼ最新作。

今回は爆弾ジョニーさんと仰る方で、

ヴィレッジヴァンガードさんで引くくらい宣伝してたので、

無下にする訳にもいかず購入に至りました。

流れてた映像のM2「なあ~んにも」が、

モロ出しの無修正青春パンクだったので、

耳を青春パンクにして挑んだのですが、

結構バラバラで、色んな音楽に触れてきた方なんだなという事が伺えます。

Youtubeで「なぁ~んにも」や最新シングル「唯一人」を見ると、

熱量系バンドの方々に分類され

古くはブルーハーツ、

最近では銀杏や忘れらんねえよとかと比べられる感じか?と

印象を受ける方もいると思うのですが、

アルバム全体を通して聴くと、もう少し横に広がりがあるイメージに変わります。

ロックな曲や泣きのバラード、レゲエ風の曲まで、

様々な色彩の中で大きく青春パンクの色が浮かびあがってると感じるアルバムで、

思いついた音楽をその時々でやるという感覚なのかもしれません。

でも「このギターの音が好きだ!」とか細かく興奮した所はあったのですが、

このアルバムの何処に惹かれるかというと、

やっぱりそういった熱さや若さだったり、パワーだと思いますし、

そこに関しては申し分ないくらい放出しているバンドで、

前出のM2は胸が熱くなるものがありました。

自分はこのアルバムに関しては特別好みという訳ではなかったのですが、

こういった熱くるしい程パワーを出すバンドは、

好みじゃなくても持っていってくれるパワーがあるので

今後も動向をチェックしたい!と思いました。

 

自分との相性
★★★★★★★☆☆☆ 70
ロック初心者へのおすすめ度
★★★★★★★★☆☆ 75


スポンサードリンク



スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

7枚目 「come to daddy」(1997) Aphex Twin

1. Come To Daddy (Pappy Mix) 2. Film 3. …

39枚目 「Trash We’d Love」(2009) the HIATUS

1. Ghost In The Rain 2. Lone Train Runni …

81枚目 「Rising Force」(1984) Yngwie Malmsteen

1. Black Star (Album Version) 2. Far Bey …

70枚目 「NEVERMIND」(1991) NIRVANA

1. Smells Like Teen Spirit 2. In Bloom 3 …

12枚目 「Now I’m a Cowboy」(1994) The Auteurs

1.Lenny Valentino 2.Brainchild 3.I&#8217 …

143枚目「チェンジ ザ ワールド」(2014) キュウソネコカミ

1. ビビった 2. カワイイだけ 3. What’s your name? 4 …

30枚目 「Awaking Of Rhythm And Blues」(2008) THE BAWDIES

1. JUST PICK UP YOUR PHONE 2. IT’S A CRA …

9枚目 「LOVE FLASH FEVER」(1997) BLANKEY JET CITY

1. プラネタリウム 2. プディング 3. ミッキー・ダック 4. 皆殺しのト …

3枚目 「London Calling」(1979) The Clash

1. London Calling 2. Brand New Cadillac …

149枚目 「Until Tomorrow」(2001) Manual

1.nova 2.velvet sunset 3.it’ll be …