J-POP厨がロック・パンク・テクノ聴いて見返す

JPOPしか聴いてこなかったロック初心者が、バンドの歴史を勉強しCDレビューし、ロック好きの友達を見返すまでの道のり。

*

134枚目 「The Used」(2002) The Used

      2014/08/29


1. Maybe Memories
2. The Taste Of Ink
3. Bulimic
4. Say Days Ago
5. Poetic Tragedy
6. Buried Myself Alive
7. A Box Full Of Sharp Objects
8. Blue And Yellow
9. Greener With The Scenery
10. Noise And Kisses
11. On My Own
12. Pieces Mended

レビュー・感想

今回は、ザ・ユーズドさんです。

これはもうユーズドさんというよりエモさんですね。特上エモです。

日本のエモも音は凄くカッコいいですし一発で気に入る曲が多いですが、

外人は音とシャウトの迫力が桁違いだなと実感出来る作品でした。

喉終わるんじゃないかと心配になった程。

曲調もバイオリンを使ったり、バラード曲を入れてみたりと様々な方法で曲が続いていき、

またメロディが切なく、サウンドと相まって歪さが浮き彫りになっており、

どの曲も凄くクオリティが高いので、そりゃこれは売れるだろなーという印象です。

特にロックのカッコ良さみたいな物に目覚める中高生がこの作品を聴けば、

しばらく頭からロックが離れないと思います。

そういう意味で深みというよりは、

思春期に一番ハマりやすい閉塞感の叫びが表現された

聴いて直感的にカッコいいと思える音楽なんですが、

それでも全曲通したクオリティの高さがひねた大人も魅了する説得力を

このアルバムは持っていると思います。

自分はどちらかというとリズムであったり綺麗さだったり、

独特のメロディや世界観がある曲の方が好きなんですが、

そんな自分でもこれは今後も時々聴きたいと思えたので、

シャウト系のスクリーモやエモ好きの方なら100%に近い確立で

気に入る作品だと思います。

 

自分との相性
★★★★★★★★☆☆ 80
ロック初心者へのオススメ度
★★★★★★★★★☆ 95


スポンサードリンク



スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

103枚目 「空中キャンプ」(1996) Fishmans

1. ずっと前 2. ベイビー・ブルー 3. スロウ・デイズ 4. サニー・ブル …

115枚目 「Orange」(2013) UNCHAIN

1. Makin’ Pleasure Cake 2. Take Your Mar …

89枚目「無題」(2002) downy

1. 葵 2. 夜の淵 3. 黒い雨 4. 象牙の塔 5. 三月 6. 無空 7 …

23枚目 「ELEVEN FIRE CRACKERS」(2006) ELLEGARDEN

1. Opening 2. Fire Cracker 3. Space Soni …

4枚目 「ファンファーレと熱狂」(2010) andymori

1.1984 2.CITY LIGHTS 3.ずっとグルーピー 4.僕がハクビシ …

113枚目 「真夜中の言葉は青い毒になり、鈍る世界にヒヤリと刺さる。」(2013) ハルカトミユキ

1. ドライアイス 2. ニュートンの林檎 3. POOL 4. グッドモーニン …

44枚目 「EARTH」(2010) SEKAI NO OWARI

1. 幻の命 2. 虹色の戦争 3. インスタントラジオ 4. 青い太陽 5. …

131枚目 「R Plus Seven」(2013) Oneohtrix Point Never

1. Boring Angel 2. Americans 3. He She 4 …

8枚目 「セカンド」(2007) ミドリ

1. ドーピング☆ノイズノイズキッス 2. うわさのあの子 3. 今日は彼氏がい …

75枚目 「3×3×3」(1998) ゆらゆら帝国

1. わかってほしい 2. 昆虫ロック 3. ユラユラウゴク 4. ドックンドー …