J-POP厨がロック・パンク・テクノ聴いて見返す

JPOPしか聴いてこなかったロック初心者が、バンドの歴史を勉強しCDレビューし、ロック好きの友達を見返すまでの道のり。

*

118枚目 「家庭教師」(1990) 岡村靖幸

      2014/08/29

家庭教師
1. どぉなっちゃってんだよ
2. カルアミルク
3. (E)na
4. 家庭教師
5. あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう
6. 祈りの季節
7. ビスケット
8. ステップUP↑
9. ペンション

レビュー・感想

岡村靖幸さん、通称岡村ちゃんという方です。

去年調べた名盤特集で、

岡村ちゃんの「早熟」というアルバムがランクインしてました。

そのままレンタルするのは面白くないので、

あえての違うアルバムにしたのですが‥

これは凄く面白いです。

セリフや歌詞の変態的な部分が面白いとかではなく、

歌い方や雰囲気に毎回笑ってしまいます。

80年代後半~90年代初期独特の

バブル感?や、妙なセクシー感が、

ことごとくツボで、背筋をつる所でした。

背筋をつるジャンルの音楽といってもいいです。

でも、もちろんそれだけではありません。

楽曲本当に素晴らしいです。

歌、ギター、ベース、ホーン、ドラム、遊び心、

どれをとっても文句の言い様がなく、

全体のファンキーなリズム、間奏からの荒々しい曲展開、

歌詞の歌メロディの乗り方、

約25年前の作品ですが、今聴いても衝撃受ける程カッコいいです。

最初に書いたバブル感と矛盾するようですが、

今いるどこぞのバンドが「新譜」として出しても、

全く違和感ないです。

やはりアレンジが当時のだいぶ先を行ってたんじゃないでしょうか?

これをアレンジも含め自分でやっているらしいですから、

才能という安易な言葉を使わずにはいられません。

時代を飛び越えた名作とは、まさにこのアルバムだと思いました。

岡村ちゃん気に入りました!

 

自分との相性
★★★★★★★★★☆ 95
ロック初心者へのおすすめ度
★★★★★★★★☆☆ 80

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

116枚目 「Fetch」(2013) Melt-Banana

1. Candy Gun 2. The Hive 3. Vertigo Game …

56枚目 「Feeling your UFO」(2006) 凛として時雨

1. 想像のSecurity 2. 感覚UFO 3. 秋の気配のアルペジオ 4. …

22枚目 「人生×僕=」(2013) ONE OK ROCK

1.Introduction~Where idiot should go~ 2. …

83枚目 「Back In Black」(1980) AC/DC

1. Hells Bells 2. Shoot To Thrill 3. Wha …

40枚目 「The Reason」(2003) Hoobastank

1. Same Direction 2. Out Of Control 3. W …

89枚目「無題」(2002) downy

1. 葵 2. 夜の淵 3. 黒い雨 4. 象牙の塔 5. 三月 6. 無空 7 …

132枚目 「Dowsing For The Future」(2008) BIGMAMA

1. Paper-craft 2. Gum Eraser 3. 『それはきっと天 …

7枚目 「come to daddy」(1997) Aphex Twin

1. Come To Daddy (Pappy Mix) 2. Film 3. …

39枚目 「Trash We’d Love」(2009) the HIATUS

1. Ghost In The Rain 2. Lone Train Runni …

14枚目 「感受性応答セヨ」(2001) eastern youth

1. 夜明けの歌 2. アバヨ,風の残像 3. スローモーション 4. 黒い太陽 …