J-POP厨がロック・パンク・テクノ聴いて見返す

JPOPしか聴いてこなかったロック初心者が、バンドの歴史を勉強しCDレビューし、ロック好きの友達を見返すまでの道のり。

*

レビューのまとめ ロック・パンク・テクノ 五十音順

      2015/03/10

今まで書いたレビューを、五十音順にまとめてみました。
自分のようなロック初心者の方が、
TSUTAYA等でレンタルの際悩んだ時や、
YOUTUBEで新たなバンドを発掘したい際に、
少しでも参考になれば幸いです。
点数順です。

 

邦楽

あ行
アーバンギャルド 「メンタルヘルズ」(2011)
赤い公園 「ランドリーで漂白を」(2012)
赤い公園 「公園デビュー」(2013)
赤い公園 「猛烈リトミック」(2014) 
ASIAN KUNG-FU GENERATION 「君繋ファイブエム」(2003)
ASIAN KUNG-FU GENERATION 「ランドマーク」(2012)
あぶらだこ 「あぶらだこ(木盤)」(1985)
暗黒大陸じゃがたら 「南蛮渡来」(1982)
UNCHAIN 「Orange」(2013)
andymori 「andymori」(2009)
andymori 「ファンファーレと熱狂」(2010)
androp 「one and zero」(2012)
easter youth 「感受性応答セヨ」(2001)
imoutoid 「ADEPRESSIVE CANNOT GOTO THECEREMONY」(2007)
UVERworld 「LIFE 6 SENSE」(2011)
ELLEGARDEN 「ELEVEN FIRE CRACKERS」(2006)
OGRE YOU ASSHOLE 「アルファベータ vs. ラムダ」(2007)
岡村靖幸 「家庭教師」(1990)

か行
KANA-BOON「僕がCDを出したら」(2013)
KEYTALK 「ONE SHOT WONDER」(2013)
きのこ帝国 「eureka」(2013)
キュウソネコカミ 「チェンジ ザ ワールド」(2014)
9mm Parabellum Bullet 「Termination」(2008)
禁断の多数決 「はじめにアイがあった」(2012)
禁断の多数決 「アラビアの禁断の多数決」(2013)
銀杏BOYZ 「君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命」(2005)
グッドモーニングアメリカ 「未来へのスパイラル」(2013)
クリープハイプ 「待ちくたびれて朝がくる」(2011)
group_inou 「_(アンダーバー)」(2010)
くるり 「TEAM ROCK」(2001)
くるり 「THE WORLD IS MINE」(2002)
Crossfaith 「ZION EP」(2012)
ゲスの極み乙女 「ドレスの脱ぎ方」(2013)
ゲスの極み乙女。 「踊れないなら、ゲスになってしまえよ」(2013)
GOING STEADY 「さくらの唄」(2001)
CORNELIUS「Fantasma」(1997)
COALTAR OF THE DEEPERS 「NO THANK YOU」(2001)
54-71 「Untitled」(2000)
小林太郎 「Orkonpood」(2010)

さ行
サカナクション 「sakanaction」(2013)
坂本慎太郎 「ナマで踊ろう」(2014)
ZAZEN BOYS 「ZAZEN BOYS II」(2004)
SiM 「PANDORA」(2013)
神聖かまってちゃん 「楽しいね」(2012)
スーパーカー 「HIGHVISION」(2002)
SEKAI NO OWARI 「EARTH」(2010)
相対性理論 「シンクロニシティーン」(2010)

た行
downy「無題」(2002)
tacica 「jacaranda」(2009)
東京事変 「大人(アダルト)」(2006)
Droog 「Droog」(2010)

な行
七尾旅人 「雨に撃たえば…!disc2」(1999)
NUMBER GIRL 「NUM-HEAVYMETALLIC」(2002)

は行
the HIATUS  「Trash We’d Love」(2009)
Hi-Standard 「Angry Fist」(1997)
Hi-STANDARD 「Making the Road」(1999)
爆弾ジョニー 「はじめての爆弾ジョニー」(2014)
Perfume 「Level3」(2013)
ハルカトミユキ 「真夜中の言葉は青い毒になり、
鈍る世界にヒヤリと刺さる。」(2013)
The Band apart 「Eric.W」(2002)
BEAT CRUSADERS 「popdod」(2008)
BIGMAMA 「Dowsing For The Future」(2008)
the pillows 「LITTLE BUSTERS」(1998)
the pillows 「RUNNERS HIGH」(1999)
FACT 「Eat Your Words」(2011)
Fear,and Loathing in Las vegas 「Dance&Scream」(2010)
Fishmans 「空中キャンプ」(1996)
the fin. 「Glowing Red On The Shore」(2014)
BLANKEY JET CITY 「LOVE FLASH FEVER」(1997)
flumpool 「What’s flumpool!?」(2009)
THE BLUE HEARTS 「YOUNG AND PRETTY」(1987)
Base Ball Bear 「十七歳」(2007)
ボアダムス 「SUPER ARE」(1998)
THE BAWDIES 「Awaking Of Rhythm And Blues」(2008)
POLYSICS 「POLYSICS OR DIE!!!!」(2004)
WHITE ASH 「On The Other Hand,The Russia Is…」(2010)

ま行
MY FIRST STORY 「THE STORY IS MY LIFE」(2013)
マキシマム・ザ・ホルモン 「ぶっ生き返す」(2007)
マキシマムザホルモン 「予襲復讐」(2013)
MAN WITH A MISSION 「MAN WITH A MISSION」(2011)
THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 「Chicken Zombies」(1997)
THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 「GEAR BLUES」(1998)
ミドリ 「セカンド」(2007)
Melt-Banana 「Fetch」(2013)

や行
ゆらゆら帝国 「3×3×3」(1998)

ら行
RADWIMPS 「RADWIMPS 4〜おかずのごはん〜」
Theラブ人間 「これはもう青春じゃないか」(2011)
凛として時雨 「Feeling your UFO」(2006)
ルミナスオレンジ 「Drop You Vivid Colours」(2002)
Rei harakami 「lust」(2005)

わ行
忘れらんねえよ 「空を見上げても空しかねえよ」(2013)
ONE OK ROCK 「人生×僕=」(2013)

 

洋楽

A~E
AC/DC 「Back In Black」(1980)
Aphex Twin 「Richard D James Album」(1997)
Aphex Twin 「come to daddy」(1997)
Aphex Twin 「Syro」(2014)
Arcade Fire 「Reflektor」(2013)
The Auteurs 「Now I’m a Cowboy」(1994)
Avicii 「True」(2014)
Avril Lavigne 「Best Damn Thing」(2007)
Battles 「Mirrored」(2007)
The Beach Boys 「Pet Sounds」(1966)
The Beatles 「Please Please Me」(1963)
Björk 「Post」(1995)
Blur 「Park Life」(1994)
The Clash 「London Calling」(1979)
Coldplay 「Ghost Stories」(2014)
Crass 「Feeding of the 5000」(1978)
Daft Punk 「Random Access Memories」(2013)
The Damned 「Damned Damned Damned」(1977)
Deep Purple 「Machine Head」(1972)
Dinosaur Jr. 「Green Mind」(1991)

F~J
Fall Out Boy 「Save Rock and Roll」(2013)
Foo Fighters 「The Colour and the Shape」(1997)
Green Day 「Dookie」(1994)
Hoobastank 「The Reason」(2003)
I Am Robot and Proud 「Uphill City」(2008)
Joy Division 「Closer」(1980)

K~O
Led Zeppelin 「Led Zeppelin IV」(1971)
Linkin Park 「Meteora」(2003)
Little Richard 「Very Best of Little Richard」(2008)
Maroon5 「Overexposed」(2012)
Metallica 「Master Of Puppets」(1990)
My Chemical Romance 「Three Cheers for Sweet Revenge」(2004)
My Bloody Valentine 「Loveless」(1991)
New Found Glory 「New Found Glory」(2000)
New Order 「Low Life」(1988)
Nickelback 「Silver Side Up」(2001)
NIRVANA 「NEVERMIND」(1991)
Oasis 「(What’s the Story) Morning Glory?」(1995)
Oneohtrix Point Never 「R Plus Seven」(2013)
THE OFFSPRING 「splinter」(2003)

P~T
Television 「Marquee Moon」(1977)
pixies 「Surfer Rosa」(1988)
Pixies 「Doolittle」(1989)
The Pop Group 「For How Much Longer Do We Tolerate Mass Murder?」(1980)
Radiohead 「Pablo Honey」(1997)
Radiohead 「Ok computer」(1997)
Rage Against The Machine 「Rage Against The Machine」(1992)
Red Hot Chili Peppers 「Californication」(1999)
Sex Pistols 「Never Mind the Bollocks」(1977)
Sigur Rós 「Kveikur」(2013)
Steve Reich 「Octet: Music for Large Ensemble」(1985)
SUM41 「Underclass Hero」(2007)
System Of A Down 「Mezmerize」(2005)

U~Z
The Used 「The Used」(2002)
Vampire Weekend 「Contra」(2010)
Weezer 「Weezer」(1994)
Yngwie Malmsteen 「Rising Force」(1984)
3 Doors Down 「Away From the Sun」(2002)

  関連記事

レビューのまとめ 初心者オススメ パンク編

今まで書いたレビューを、初心者オススメ順にしてみました。 あくまで初心者の方が聴 …

レビューのまとめ 初心者オススメ ロック編

今まで書いたレビューを、初心者オススメ順にしてみました。 あくまで初心者の方が聴 …

レビューのまとめ  ロック・パンク・テクノ 点数順

今まで書いたレビューを、まとめてみました。 あくまで自分が気に入った、 個人的趣 …

レビューのまとめ 初心者オススメ テクノ・エレクトロ編

今まで書いたレビューを、初心者オススメ順にしてみました。 あくまで初心者の方が聴 …