J-POP厨がロック・パンク・テクノ聴いて見返す

JPOPしか聴いてこなかったロック初心者が、バンドの歴史を勉強しCDレビューし、ロック好きの友達を見返すまでの道のり。

*

51枚目 「Post」(1995) Björk

      2014/08/29

Post
1. Army Of Me
2. Hyper-ballad
3. The Modern Things
4. It’s Oh So Quiet
5. Enjoy
6. You’ve Been Flirting Again
7. Isobel
8. Possibly Maybe
9. I Miss You
10. Cover Me
11. Headphones

レビュー・感想

バイトに時間をとられ中々更新できませんでした。

続いてはビョークさんです。

名前くらいは知ってたのですが、曲やプロフィールは知らなかったので

調べてみました。

タイの空港で息子を撮影されカメラマンに掴みかかる

フランスの空港でカメラマンに付きまとわれ殴る

オークランド空港でカメラマンに無許可撮影され殴る

カメラマンと空港で喧嘩しすぎです(笑)

まぁプライベート時のマスコミ程うっとおしいもんはないでしょうし

仕方ないですが、空港とビョークは火に油ですね。

普通の洋POPなのかなと思ったのですが、全然違いました。

エレクトロ要素やオルタナ色?ダンスからジャズ要素もあり、

とにかくバラエティ色の強いアルバムです。

当事としてはかなり実験的アルバムだったんじゃないでしょうか。

ビョークさんはもちろんミュージシャンですが、

どちらかというとアーティストという印象が強く

とにかく物創りにこだわっているのを作品から感じ取れます。

8曲目のPossibly Maybeに至ってはわざわざ洞くつの中に入って

ボーカル録音をしてるそうで、一つの作品に対するこだわりが垣間見れます。

所々には奇声とも思える歌い方が入っていたり、

逆にミュージカルを見ていると錯覚するような楽しい曲まで

とにかく個性的であり、好き嫌いは分かれると思いますが、

そういった音楽が好きな方はレンタルでもなんでもいいので

一度くらいは聴いた方が良いと思います。

YOUTUBEにも収録曲の推し曲hyperballadのPVがありました。

 

自分との相性
★★★★★★★★☆☆ 80
エレクトロ初心者へのオススメ度
★★★★★★★☆☆☆ 70

  関連記事

95枚目 「Mirrored」(2007) Battles

1. Race : In 2. Atlas 3. Ddiamondd 4. To …

29枚目 「これはもう青春じゃないか」(2011) Theラブ人間

1. これはもう青春じゃないか 2. 抱きしめて 3. 若者たちの夕暮れ 4. …

47枚目 「Kveikur」(2013) Sigur Rós

1. Brennisteinn 2. Hrafntinna 3. Isjaki …

145枚目「Glowing Red On The Shore」(2014) the fin.

the fin. 「Glowing Red On The Shore」 1. A …

97枚目 「さくらの唄」(2001) GOING STEADY

1. アホンダラ行進曲 2. 東京少年 3. BABY BABY 4. 銀河鉄道 …

65枚目 「Dance & Scream」(2010) Fear,and Loathing in Las vegas

1.Burn the Disco Floor with Your “ …

4枚目 「ファンファーレと熱狂」(2010) andymori

1.1984 2.CITY LIGHTS 3.ずっとグルーピー 4.僕がハクビシ …

117枚目 「Please Please Me」(1963) The Beatles

1. I Saw Her Standing There 2. Misery 3. …

142枚目 「ナマで踊ろう」(2014) 坂本慎太郎

1. 未来の子守唄 2. スーパーカルト誕生 3. めちゃくちゃ悪い男 4. ナ …

62枚目 「THE WORLD IS MINE」(2002) くるり 

1. GUILTY 2. 静かの海 3. GO BACK TO CHINA 4. …